宮崎駅前標識
高千穂のパワースポット巡りや高千穂夜神楽見学、高千穂峡観光にどうぞ
↓↓↓

高千穂特集


宮崎県の秋のおすすめ歴史観光スポットは? ↓↓↓

九州の小京都「飫肥城下まつり」

宮崎駅西口を出ると道路標識があります。サンメッセ日南と鵜戸神宮への宮崎駅からのアクセス、所要時間、バス時刻表はコチラの記事も参考にしてください。↓↓↓

サンメッセ日南と鵜戸神宮へのアクセス

グリーンパークえびのフラワーガーデンのコスモスの見頃開花時期は?アクセス、駐車場は?

スポンサーリンク

えびの市にある「グリーンパークえびの」は、コカ・コーラ製品の製造工程の見学ができる公園工場です。工場に続くコーク館では、コカ・コーラのコレクションギャラリーやオフィシャルグッズを販売するショップ、見学者対象の試飲コーナーがあります。そして、約3万3000平方mあるフラワーガーデンでは、春は菜の花、秋はコスモスを楽しむことができます。特に、秋のコスモスが一面に咲く様相は圧巻です。

また、車で5分程のJRえびの駅は、平成15年(2003年)に公開された、黒木和雄監督の「美しい夏キリシマ」のロケがあったことでも有名です。大正時代のままの木造瓦葺きの駅舎の見学もおすすめします。

フラワーガーデンのコスモスの見頃開花時期は?

◆見頃:10月中旬~下旬

◆本数:600万本

◆種類:センセーションほか

◆料金:見学無料

※コスモスの開花見ごろの全盛期、及びコスモス開花時期の土曜、日曜日、祭日は、混雑が予想されますので、時間に余裕を持った行動をオススメします。

「グリーンパークえびの」の入館料は?時間は?

◆住所:宮崎県えびの市東川北1321-1

◆料金:入館無料

◆時間:9時30分~17時(工場見学は予約不要。受付終了16時)

◆休み:月曜(祝日の場合は翌日)、臨時休館あり

◆お問い合わせ:0984-25-4211(グリーンパークえびの)

「グリーンパークえびの」の工場見学は?所要時間は?

フラワーガーデン手前にある工場見学施設「コーク館」では、1階受付で申し込めば、自由に工場内を見学できます。

所要時間は約1時間です。えびのの自然などをまとめた上映フィルムを見たあと、缶製品や小型ペットボトル製品の製造工程を見学します。

その後は、試飲コーナーで自由にドリンクを飲しむことができます。

また、コレクションギャラリーやグッズショップなども併設してあります。

【コレクションギャラリー】

古いポスターや自販機、おもちゃやグッズなど700点を越えるコカ・コーラ関連の貴重なコレクションが展示されています。

【グッズショップ】

グラスやステーショナリー、フィギュアなどコカ・コーラのオフィシャルグッズを販売してあります。おみやげに人気があります。

◆お問い合わせ:0984-25-4211(グリーンパークえびの)

グリーンパークえびのへのアクセス、駐車場は?

◆アクセス

【電車】
・JRえびの駅→車5分

【車】
九州道えびのICから国道268号経由0.8km3分

◆駐車場:有り(無料)

◆お問い合わせ:0984-25-4211(グリーンパークえびの)

黒木和雄監督「美しい夏キリシマ」のロケ地のJRえびの駅って?

「えびの駅」は、JR吉都(きっと)線の無人駅で、大正時代のままの木造瓦葺きの駅舎です。以前は「加久藤駅」という駅名でした。駅舎は木造で昔ながらの趣をとどめています。

「えびの駅」は、平成15年(2003年)公開された、黒木和雄監督の「美しい夏キリシマ」のロケがあったことでも有名です。木造の古い駅舎が終戦当時の面影を残しています。

映画では、えびの駅は「霧野駅」として登場しています。待合室の木製ベンチや切符窓口、小荷物預け所などは昔のまま残っています。

撮影当日、入線してきた気動車は、国鉄の姿を今に伝える昭和50年代に製造されたキハ40系です。かつて全国のローカル線を席巻した車両でもありました。

この日は、1人の乗降客もないままにエンジンを吹かし、やがてゆっくりと走り出しました。草むしたまっすぐに伸びる単線のレールの上を走る姿は何ともいえない風情でした。

ただ、送り出した後に、駅ホームから見えた霧島連山は実に雄大でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする