宮崎駅前標識

高千穂のパワースポット巡りや高千穂夜神楽見学、高千穂峡観光にどうぞ
↓↓↓

高千穂特集

宮崎駅西口を出ると道路標識があります。サンメッセ日南と鵜戸神宮への宮崎駅からのアクセス、所要時間、バス時刻表はコチラの記事も参考にしてください。↓↓↓

サンメッセ日南と鵜戸神宮へのアクセス

宮崎観光おすすめドライブコースの都井岬の御崎馬とは?アクセス、行き方は?

スポンサーリンク

宮崎県は南北縦に長い県です。今回は宮崎県南部の宮崎観光のおすすめ名所の都井岬を紹介します。そして都井岬は、絶景スポットでもあります。

都井岬は、日南海岸の最南端に突き出た岬です。丘陵地帯では、御崎馬(みさきうま)とよばれる野生馬が生息しています。この御崎馬は、江戸時代の高鍋藩秋月家が放牧したのが始まりです。  

現存する日本在来馬(北海道和種、木曽馬、御崎馬、対州馬、トカラ馬、宮古馬、与那国馬)のひとつで、昭和28年(1953年)に純粋な日本在来馬として国の天然記念物に指定されました。

レンタカー予約に便利 ↓↓↓
スカイチケットレンタカー

都井岬の御崎馬の特徴や生態、出産シーズンは?

御崎馬の特徴は、体長・体高ともに130cm内外で、毛色は主に鹿毛と青毛で、栗毛は極めて少なく、背中に鰻線のあるものが多く見られます。

御崎馬は、春から夏はノシバやチガヤの豊富な小松ヶ丘や扇山の草地で、種雄馬(しゅゆうば)を中心に数頭の雌馬と子馬で構成された群(ハーレム)を作って過ごします。

秋から冬は小さな群に分かれて海岸よりの杉林や雑木林に移動して、ススキやシダあるいはタブノキやアカメガシワなどの茎葉を食べて過ごします。

御崎馬の出産のシーズンは 3月~8月で、4・5月に最も多く生まれますので、ゴールデンウィークの期間中は、春駒に会うことができます。

都井岬ビジターセンターと都井岬灯台って?

都井岬の中心にはビジターセンターがあり、野外ガイドや、ものづくり体験メニューなどがあります。

また、標高255mの断崖の上には灯台が立ち、大隅半島まで遠望できます。

【都井岬ビジターセンター】

◆場所:宮崎県串間市大字大納42-1

◆入館料:大人310円、小人200円

◆営業時間:午前9時~午後5時15分

◆休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日が休日)

◆お問い合わせ:0987-76-1546

【都井岬灯台】

宮崎県の最南端に位置し、海の青さと岬の緑に囲まれた、白亜の美しい灯台です。全国15箇所に参観可能な灯台がありますが、都井岬灯台は九州で唯一の参観可能な灯台です。

◆場所:宮崎県串間市大字大納80-2

◆入場料
・大人:200円(中学生以上)
・子供:無料(小学生以下)

◆時間:9時~16時30分(無休)

◆お問い合わ:0987-76-1838

都井岬へのアクセス、行き方、駐車場は?

◆住所:宮崎県串間市大納御崎

◆営業時間:散策自由

◆料金:野生保護協力金として、普通車400円、二輪車100円

◆アクセス
・公共交通:JR串間駅→コミュニティバス都井岬行きで40分、終点下車
・車:宮崎道田野ICから国道222・220・448号、県道28号経由76km1時間30分

◆駐車場:有り(500台)

◆お問い合わせ:0987-72-0479(串間市観光物産協会)

(串間市観光物産協会サイトより)

レンタカー予約に便利 ↓↓↓
スカイチケットレンタカー

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする