宮崎駅前標識
高千穂のパワースポット巡りや高千穂夜神楽見学、高千穂峡観光にどうぞ
↓↓↓

高千穂特集


宮崎県の秋のおすすめ歴史観光スポットは? ↓↓↓

九州の小京都「飫肥城下まつり」

宮崎駅西口を出ると道路標識があります。サンメッセ日南と鵜戸神宮への宮崎駅からのアクセス、所要時間、バス時刻表はコチラの記事も参考にしてください。↓↓↓

サンメッセ日南と鵜戸神宮へのアクセス

宮崎県日之影町の見立渓谷紅葉まつりの見頃の時期は?アクセスは?駐車場は?

スポンサーリンク

紅葉スポットの見立渓谷は、宮崎県の北部西臼杵郡日之影町に位置します。日之影町は、九州の百名山に名を連ねる傾山などの山々と、深いV字谷を形成した渓谷が大自然の美を織り成す自然豊かな町です。

五ヶ瀬町の紅葉スポット ⇒ 五ヶ瀬渓谷白滝と紅葉まつり

また、高さ100メートルを超える橋や、大小合わせると215の橋があり、深い緑の中に見え隠れしているその美しい景観は日之影独特の風景となっています。他には石垣の村、英国館、そして、自然を活かした「森林セラピー基地」や美しい水と大地に育まれた特産品などが有名です。さて、見立渓谷の紅葉です。全長24kmの渓谷が真っ赤に染まり、あまりの美しさに目を奪われます。全長24kmに及ぶ日之影川上流部に広がる見立渓谷は、奇岩と清流の地として知られ、川沿いには日本の棚田100選に選ばれている石垣の村があり、国有形登録文化財の英国館があります。紅葉は10月下旬から11月下旬に見頃を迎え、モミジの赤と静かに流れる水との対比が美しく、風情ある光景です。また、毎年11月上旬には水無平のイベント広場で紅葉まつりも開催されます。

987

見立渓谷紅葉まつりの見頃の時期

◆紅葉の見頃:10月下旬~11月下旬

◆紅葉祭り:見立渓谷紅葉まつり:11月8日(日)

◆紅葉する木の種類:カエデ、ブナ、シデ、ミズナラ、コナラ等

◆おすすめ紅葉スポット:あけぼの荘周辺

◆アクセス

・住所:宮崎県西臼杵郡日之影町見立

・車:九州自動車道熊本ICから約2時間(渓谷入口 石垣の村)

・駐車場:無料 ※ 注意事項11月4日(水)まで工事による交通規制あり

◆お問合せ:0982-78-1021(日之影町観光協会)

1013
「神楽」といえば、高千穂神楽が有名ですが、日之影でも昔から作物の実りに対する感謝と五穀豊穣を祈願して、神楽が奉納されています。神楽宿と呼ばれる神社や民家などで、日暮れから夜明けまで、三十三番すべての舞を踊り明かします。その合間に、舞手や観客に食べ物や酒が振る舞われます。そうして昔は寒さをしのいでいたそうです。日之影神楽には深角神楽、岩戸神楽、四ヶ惣神楽、岩井川神楽の四つの流派があり、それぞれの地区で、毎年十一月末から翌年二月にかけて夜神楽が舞われています。内容には、地区によって神庭の設定や御神体等の所作などに多少の違いが見られますが、それは同じ流派であっても、神楽の師匠が教え伝えるなかで徐々に変化していったためと考えられます。

◆お問合せ:0982-78-1021(日之影町観光協会)