宮崎駅前標識
高千穂のパワースポット巡りや高千穂夜神楽見学、高千穂峡観光にどうぞ
↓↓↓

高千穂特集


宮崎の夏の涼しい観光スポットを紹介します。 ↓↓↓

宮崎観光夏のおすすめモデルコースは?涼しい観光スポットは?

宮崎駅西口を出ると道路標識があります。サンメッセ日南と鵜戸神宮への宮崎駅からのアクセス、所要時間、バス時刻表はコチラの記事も参考にしてください。↓↓↓

サンメッセ日南と鵜戸神宮へのアクセス

飫肥城下町食べ歩きマップで武家屋敷通り散策、グルメランチスポットは?

スポンサーリンク

九州の小京都の「飫肥城下町」では、飫肥城下町保存会が、飫肥城の観光に来ていただく観光客に、飫肥城及び城下町のすべてを満喫していただくために「あゆみちゃんマップ」~飫肥城下町「食べあるき・町あるき」~という企画を準備して、飫肥城下町の観光客をお迎えしています。

この企画は、九州の小京都「飫肥の城下町」を散策しながら、地元の美味しい食べ物や手作りの商品等を頂き、飫肥を味わいながら、買い物や町あるきを楽しんでいただくというものです。

ということで、私も行ってきました。5枚の商品引換券付きのお得な散策マップです。 歴史香る城下町を散策しながら、商人町通りで人と触れ合い、記念品や手作りの味を楽しむことができます。

1枚の商品引換券で開運の「箸」をいただきました。

飫肥城下町食べ歩きマップの料金は?

引換券マップは、飫肥城観光駐車場と飫肥城由緒施設の各窓口で購入できます。

◆食べあるき・町あるき引換券のみ:700円(5枚付)
・商家資料館と旧山本猪平家及び旧高橋源次郎家の入館料が含まれています。

◆セット料金:1,200円
・全施設(7ヶ所)が入館できる共通券(610円)と引換券(5枚付)マップ(700円)が含まれています。

飫肥城跡の散策は?

飫肥城下町は、天正16年(1588年)から明治初期まで、伊東家による五万石の城下町として栄えました。石垣や蔵、武家屋敷通りなど、現在も往時を偲ばせる町並みや歴史を伝えるスポットが数多く残っています。昭和52年(1977年)に九州初の国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。

飫肥城下町散策のスタート起点は、飫肥城観光駐車場(無料)からが便利です。駐車場敷地内に観光案内所があり、町のイラストマップや観光施設のパンフレットが入手できます。そして、飫肥城下町食べ歩きマップ「あゆみちゃんマップ」が購入できます。

あゆみちゃんマップを購入したら、駐車場を出て、左折すると飫肥城大手門が正面に見えてきます。

飫肥城大手門前をくぐると石垣と白壁、石段に囲まれ、当時にタイムスリップした気分になれます。大手門から続く苔むしてすり減った石段は、いかにも古城の風情を感じます。かつての飫肥城は、本丸、中の城、松尾の丸などの9つの郭を配した規模でした。

石段を登りきると目の前には石垣と白壁が出迎えてくれます。この石垣に沿って左に進み、石垣が終わると右に進みます。

ゆるい傾斜の階段を登ると4本の杉に囲まれます。

この4本の杉は「しあわせ杉」と呼ばれ、4つの角にある4本の杉の対角線の中心に立つと幸せパワーがもらえるということで人気スポットでもあります。

案内標識に沿って進むと、江戸時代初期の書院造りの御殿を再現した「松尾の丸」、伊東氏に関する歴史資料を展示した「歴史資料館」があります。「あゆみちゃんマップ」を呈示しましょう。ちなみに「松尾の丸」の中は、写真撮影OKとなっています。

飫肥城下町武家屋敷通りの散策は?

飫肥城跡を散策して飫肥城大手門を出ると右方向に「預章館(よしょうかん)」があります。受付で「あゆみちゃんマップ」を呈示しましょう。

【預章館】
版籍奉還後、知事に任命された伊東祐帰(いとうすけより)が移り住んだ屋敷で、飫肥城跡大手門を出てすぐ右横にあります。周辺の山々を背景にした枯山水庭園となっていて往時を偲ぶことができます。また、飫肥で最も格式高い武家屋敷でもあります。

・お問い合わせ:0987-25-4533(飫肥城下町保存会)
・時間:9時30分~16時30分
・休業:無休
・料金:200円
・駐車場:飫肥城観光駐車場利用(無料)
・由緒施設入館料付MAP利用可能(受付で呈示するだけです)

預章館の次は、「小村記念館」~「振徳堂」までの飫肥城下町武家屋敷通りを散策しましょう。

【小村記念館】

日本の近代外交の礎を築いた「小村寿太郎」侯の功績を紹介する記念館です。ポーツマス条約を結び、日露戦争を終結に導いた人物としても有名で、条約調印式の雰囲気を再現した展示もあります。また、すぐ近くには移築された「小村寿太郎」侯の生家もあります。

・住所:日南市飫肥4-2-20-1
・料金:200円
・時間:9:00~17:00
・休み:無休
・駐車場:飫肥観光駐車場利用(無料)
・お問い合わせ:0987-25-1905(小村記念館)

【振徳堂】

天保2年(1831年)に開校した飫肥藩の藩校です。高さ約2mの石垣に囲まれた広い屋敷に長屋門と母屋があります。明治の外交官「小村寿太郎」侯など優れた人材を輩出しました。

・住所:日南市飫肥10-2-1
・料金:無料
・時間:9:30~16:30
・休み:無休
・駐車場:飫肥観光駐車場利用(無料)
・お問い合わせ:0987-25-4533(飫肥城下町保存会)

飫肥城下町散策のおすすめのランチグルメスポットは?

【服部亭】

服部亭は、約100坪の庭園をもつ屋敷で、優雅な郷土グルメランチタイムにおすすめです。「おび天」や「厚焼卵」など全13皿が付く豪華な服部膳がオススメです。また、抹茶と和菓子セットなどの喫茶メニューもあります。

・住所:日南市飫肥4-3-19
・時間:11:00~14:00
・休み:不定休
・アクセス:飫肥城下町武家屋敷通り沿い
・駐車場:有り(無料)
・お問い合わせ:0987-25-3822(服部亭)

【ギャラリー&カフェ ギャラリーこだま】

築140年ほどの薬問屋の屋敷と蔵を生かしたつくりで、県内外の作家による作品の展示と販売を行っています。また、謁見の間であった畳間では、ランチやスイーツを楽しむことができます。

・住所:日南市飫肥8-1-1
・時間:10:00~17:00
・入場料金:無料
・休み:火曜
・アクセス:大手門通りを南下し本町通りの交差点角
・駐車場:有り(無料)
・お問い合わせ:0987-25-0602(ギャラリー&カフェ ギャラリーこだま)

飫肥城下町へのアクセス、駐車場は?

◆アクセス

JR宮崎駅を起点に紹介します。

JR宮崎駅西口をでると道路標識があります。日南・青島方面へ国道220号線を南下すると約1時間10分で日南市油津に着きます。すると都城・飫肥方面への道路標識がありますので国道222号線を道なりに進みます。途中で飫肥方面への案内がありますので、そのまま道なりに進むと約20分で九州の小京都「飫肥城下町」に到着です。

【電車】
・JR飫肥駅から徒歩15分、車で5分

【車】
・JR宮崎駅から1時間30分
・宮崎空港より約1時間10分
・宮崎自動車道田野ICから約50分

◆駐車場:有り(無料)

【飫肥城観光駐車場車】

・時間:9:00~16:30
・お問い合わせ:0987-25-2763(飫肥城観光駐車場)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする