宮崎駅前標識
高千穂のパワースポット巡りや高千穂夜神楽見学、高千穂峡観光にどうぞ
↓↓↓

高千穂特集


宮崎県の秋のおすすめ歴史観光スポットは? ↓↓↓

九州秘境の椎葉村平家まつり

宮崎駅西口を出ると道路標識があります。サンメッセ日南と鵜戸神宮への宮崎駅からのアクセス、所要時間、バス時刻表はコチラの記事も参考にしてください。↓↓↓

サンメッセ日南と鵜戸神宮へのアクセス

宮崎県紅葉の見頃時期情報と名所スポットおすすめは?穴場は?

スポンサーリンク

宮崎県は南国というイメージですが、秋の紅葉の見ごろ時期を迎えると見事に色づく紅葉名所スポットがあります。宮崎観光おすすめの定番では、高千穂やえびの高原の紅葉が人気がありますが、他にも紅葉の名所スポットがあります。そこで今回は、宮崎の紅葉の名所と穴場もあわせて紹介します。

宮崎の紅葉の名所スポットの高千穂峡の見ごろ時期は?

【高千穂峡】

高千穂峡は、その昔阿蘇火山活動の噴出した火砕流が、五ヶ瀬川に沿って帯状に流れ出し、急激に冷却されたために柱状節理のすばらしい懸崖となった峡谷です。高千穂峡は、1934年(昭和9)11月10日、国の名勝・天然記念物に指定されました。高千穂峡付近には、日本の滝百選にも選ばれた真名井の滝、槍飛橋などがあります。さらに神話に由縁のある「おのころ島」や「月形」「鬼八の力石」など、 高千穂峡の遊歩道のみで高千穂の魅力を十分に感じることができます。

◆場所:宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井御塩井

◆見頃時期:11月中旬~11月下旬

◆アクセス

<熊本県方面から高千穂の場合>

◆黒川温泉から高千穂:所要時間約1時間40分
◆熊本空港から高千穂:所要時間約1時間30分
◆熊本駅から高千穂:所要時間約2時間
◆阿蘇市(内枚)方面から高千穂:所要時間約1時間30分

<大分県方面から高千穂の場合>

◆湯布院から高千穂:所要時間約2時間30分
◆別府方面から高千穂:所要時間約2時間40分
◆臼杵港から高千穂:所要時間約2時間
◆佐賀関港から高千穂:所要時間約2時間30分
◆佐伯市から高千穂:所要時間約1時間10分
◆竹田市から高千穂:所要時間1時間30分

<福岡県方面からアクセスルート>

◆福岡空港から高千穂
・熊本IC利用、南阿蘇経由
・益城熊本空港IC利用、俵山経由
・松橋IC利用、山都町経由
※所要時間:約3時間

<宮崎県内からのアクセスルート>

◆宮崎空港から高千穂:所要時間約2時間15分

<鹿児島方面からのアクセスルート>

◆霧島神宮から高千穂
・宮崎市内経由(東九州自動車道利用)約3時間
・熊本県経由(九州自動車道利用)約3時間

◆駐車場:高千穂峡内の駐車場

・御塩井(おしおい)駐車場:500円
・あららぎ駐車場:300円
・大橋駐車場(無料)
※カーナビ設定時は、高千穂峡淡水魚水族館 TEL:0982-72-2269を設定して下さい。
※大型車でお越しの団体の方は大橋駐車場でお客様の下車となります。
※満車等により駐車できない場合は係員の案内にしたがって下さい。

◆お問い合わせ:0982-73-1213(高千穂町観光協会)

宮崎の紅葉の名所スポットのえびの高原の見ごろ時期は?

【えびの高原】

えびの高原は、えびの市の南に広がる標高1200mの高原で、我が国最初の国立公園に指定された霧島屋久国立公園の北部に位置し、豊かな自然の宝庫としても知られる県内屈指の観光エリアです。春から初夏にかけては世界中でここだけに自生する天然記念物のノカイドウや霧島を代表するミヤマキリシマ、その後にも大山レンゲ、夏つばきなどが見られ、秋には鮮やかな紅葉で彩られ1年を通して楽しむことができます。えびの高原周囲には、温泉施設もあり、ネイチャーガイト付きで紅葉トレッキングも楽しむことができます。

◆場所:宮崎県えびの市末永

◆見頃時期:10月下旬~11月上旬

◆アクセス:JR吉都線えびの駅から車で60分

◆駐車場:有り(500円)

◆お問い合わせ:お問い合わせ:0984-33-3002(えびのエコミュージアムセンター)

宮崎の紅葉の名所スポットの五ヶ瀬渓谷白滝の見ごろ時期は?

【五ヶ瀬町】

五ヶ瀬渓谷白滝のある宮崎県五ヶ瀬町は、九州島発祥の地として、九州最南端のスキー場などで有名です。また、4億3000万年前の古生代シルル紀の地層ということで化石ファンに人気があります。五ヶ瀬鞍岡地区を流れる五ヶ瀬渓谷は、山深い国道265号に沿って、清冽なせせらぎが続いています。標高が高く冷涼な気候のため、紅葉はいっそう鮮やかで、落差60mの白滝(しらたき)は、白いしぶきに紅葉が映え美しい光景です。

◆場所:宮崎県西臼杵郡五ヶ瀬町大字鞍岡

◆見頃時期:10月下旬~11月中旬

◆紅葉する木の種類:イチョウ、カエデ、ツタ、ケヤキ、ナラ、クヌギなど

◆アクセス

【電車】
・JR延岡駅から宮崎交通バス(高速)で約90分、五ヶ瀬町役場前下車、タクシーで約15分

【車】
・山都町馬見原交差点から車で15分国道218号経由、椎葉村方面へ

◆駐車場:有り(無料)

◆お問い合わせ:0982-82-1200(ごかせ観光協会)

宮崎の紅葉の名所スポットの椎葉村の見ごろ時期は?

【仲塔(なかとう)渓谷と尾前(おまえ)渓谷の紅葉】

椎葉村は、九州山地の中央部の山ひだ深く、五家荘や五木とともに平家の落人伝説を秘めた九州の秘境を思わせる山里です。かつては、民族学者の柳田国男も明治41年7月13日から一週間調査で訪れています。宮崎県椎葉村の紅葉は、村全体が九州脊梁の懐にありますのでどこを見ても紅葉が楽しめます。

国道265号線を五ヶ瀬町へ向かう途中にある仲塔渓谷周辺の山地には広葉樹が多く、樅・栂・赤松・紅葉・ヒメシャラなどがあり春の芽吹き、秋の紅葉と景観がとても良く見る人を魅了します。

尾前渓谷は耳川支流の尾前川上流(椎葉村尾前地区付近)から始まり熊本県境九州山地国定公園(耳川源流)迄の渓谷です。尾前渓谷は”もみじ”が多く赤く色づいた紅葉はとても綺麗です。

◆仲塔(なかとう)渓谷の場所:宮崎県東臼杵郡椎葉村仲塔(国道265号線沿い)

◆尾前(おまえ)渓谷の場所:宮崎県東臼杵郡椎葉村尾前

◆見頃時期:10月下旬~11月中旬

◆仲塔(なかとう)渓谷へのアクセス
・椎葉村中心部より265号線を五ヶ瀬町方面に車で約25分(国見トンネル少し手前)

◆尾前(おまえ)渓谷へのアクセス
・椎葉村(役場)から尾前地区まで車で40分

◆駐車場:路肩に駐車スペースあり

◆お問い合わせ:0982-67-3203(椎葉村役場地域振興課)

宮崎の紅葉の名所スポットの見立渓谷の見ごろ時期は?

【見立渓谷】

見立渓谷のある宮崎県日之影町は、観光地で有名な高千穂町の手前にある自然豊かな山間の町です。そして、見立渓谷は、日之影町を流れる五ケ瀬川支流の日之影川上流部にあり、侵食による奇岩や巨岩が多く、道を進むごとに違った表情が楽しめます。春は新緑、夏はキャンプ、秋は紅葉、冬は樹氷と四季それぞれ楽しむことが出来ます。紅葉の見ごろの時期になると見立渓谷沿いには、美しい紅葉が広がります。

◆場所:宮崎県西臼杵郡日之影町見立

◆見頃時期:10月下旬~11月中旬

◆紅葉する木の種類:カエデ、ブナ、シデ、ミズナラ、コナラなど

◆アクセス

【電車】
・JR延岡駅→宮崎交通バス高千穂バスセンター行きで55分、バス停:青雲橋下車、車50分

【車】
・九州道熊本ICから国道57・325・218号経由99km2時間

◆駐車場:有り

◆お問い合わせ:0982-78-1021(日之影町観光協会)

宮崎の紅葉の穴場スポットの青井岳温泉の見ごろ時期は?

【青井岳温泉】

青井岳温泉のある青井岳自然公園は、都城市の地元の人に人気の紅葉スポットです。キャンプ場で川沿いの色付いた森を眺めながらアウトドアを楽しむのも魅力ですが、青井岳荘にある日本庭園でモミジ狩りをしながら散策したり、青井岳温泉の露天風呂から眺める紅葉も格別でオススメです。

◆場所:都城市山之口町山之口2123

◆見頃時期:11月中旬~11月下旬

◆入浴時間:午前7:00~午後9:00まで(最終受付 午後8:30)

◆入浴料金
・大 人:420円
・小学生:210円
・幼 児:160円

◆アクセス

【電車】
・日豊本線青井岳駅から徒歩5分

【車】
・都城駅前から約35分
・都城ICから約20分
・宮崎市(宮交シティ)から約35分
・宮崎空港から約35分
・山之口町中心から約15分
※目印は青井岳大橋

◆駐車場:有り(無料)

◆お問い合わせ:0986-57-2177(青井岳温泉)

宮崎の紅葉の穴場スポットの猪八重渓谷の見ごろ時期は?

【猪八重渓谷】

日南市北郷町にある猪八重渓谷は、五重の滝を中心に20数カ所の滝群が点在しており、一定の湿度と温度が保たれているため、貴重なコケ類の宝庫としても知られ、世界中で約1800種類あるといわれるコケの中の約300種が渓谷一帯で確認されています。そして、平成20年4月、北郷町は「森林セラピー基地」の認定を受けました。

◆場所:日南市北郷町猪八重

◆見頃時期:10月下旬~11月上旬

◆アクセス
・宮崎市~宮崎I.C.~田野I.C.~(北郷町)猪八重渓谷猪八重側入り口駐車場
・田野I.C.からの所要時間40分:大型バス乗り入れ可

◆駐車場:有り

◆お問い合わせ:0987-55-2111(日南市役所商工観光課)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする