宮崎駅前標識
高千穂のパワースポット巡りや高千穂夜神楽見学、高千穂峡観光にどうぞ
↓↓↓

高千穂特集


宮崎県の秋のおすすめ歴史観光スポットは? ↓↓↓

九州の小京都「飫肥城下まつり」

宮崎駅西口を出ると道路標識があります。サンメッセ日南と鵜戸神宮への宮崎駅からのアクセス、所要時間、バス時刻表はコチラの記事も参考にしてください。↓↓↓

サンメッセ日南と鵜戸神宮へのアクセス

都井岬の観光とアクセス・地図

スポンサーリンク

宮崎県は南北に長いですが、最南端に「串間市」があります。その串間市の最南端に「都井岬」があり、海の青さと岬の緑に囲まれた、白亜の美しい灯台があります。ここ都井岬から眺める太平洋の美しさは絶景ですが、さらにオススメの観光スポットがあります。

それは、都井岬に生息する「岬馬(みさきうま)」です。画像にもあるように素晴らしいロケーションの中で身近に純粋な日本在来馬を感じることができます。ただし、放牧されている丘状の草原を登ることになりますのでハイヒールよりもスニーカーがいいかもしれません。私もこれまでに行きましたが、家族連れはもちろんですが、若いカップルが多いのも特徴です。デートスポットにもおすすめです。都井岬観光のアクセスですが下記地図にもあるように日南市からのアクセスと串間市からのアクセスの2通りがあります。日南市からのアクセスは太平洋を見ながらのドライブコースになりますが、現在工事中の箇所があり迂回する箇所もあり対向車との離合が困難な箇所があります。一方、串間市からのアクセスは、景色を眺めながらのドライブコースとはなりませんが、道路状況はバッチリです。

main

(串間市観光協会ホームページより)

【御崎馬(みさきうま)】
哺乳網奇蹄目ウマ科で「岬馬」とも呼ばれます。高鍋藩秋月家によって元禄10年(1697年)福島地方(現在の串間市)に設置された藩営牧場の1つが御崎牧(現在の都井岬)で、開設以来今日まで300余年ものあいだ極めて粗放な周年放牧で飼育され、その繁殖は全く自然にまかされていました。現存する日本在来馬(北海道和種、木曽馬、御崎馬、対州馬、トカラ馬、宮古馬、与那国馬)のひとつで、昭和28年(1953年)に純粋な日本在来馬として国の天然記念物に指定されました。

【特徴】
体長・体高ともに130cm内外で、毛色は主に鹿毛と青毛で、栗毛は極めて少なく、背中に鰻線のあるものが多く見られます。

【生態】
春から夏はノシバやチガヤの豊富な小松ヶ丘や扇山の草地で、種雄馬(しゅゆうば)を中心に数頭の雌馬と子馬で構成された群(ハーレム)を作って過ごします。秋から冬は小さな群に分かれて海岸よりの杉林や雑木林に移動して、ススキやシダあるいはタブノキやアカメガシワなどの茎葉を食べて過ごします。

【春駒(子馬)】
御崎馬の出産のシーズンは 3月~8月で、4・5月に最も多く生まれます。かわいい春駒に会いに多くの観光客で賑わいます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする