宮崎駅前標識
高千穂のパワースポット巡りや高千穂夜神楽見学、高千穂峡観光にどうぞ
↓↓↓

高千穂特集


宮崎県の秋のおすすめ歴史観光スポットは? ↓↓↓

九州の小京都「飫肥城下まつり」

宮崎駅西口を出ると道路標識があります。サンメッセ日南と鵜戸神宮への宮崎駅からのアクセス、所要時間、バス時刻表はコチラの記事も参考にしてください。↓↓↓

サンメッセ日南と鵜戸神宮へのアクセス

高千穂神社夜神楽の時間と内容、料金、パワースポットご利益は?

スポンサーリンク

宮崎県の観光地として人気の高い高千穂は、全国有数のパワースポットとしても有名です。「天孫降臨伝説」や「天岩戸伝説」など、神話ゆかりの地名やスポットが数多く残っています。今回は、高千穂観光の中心地でもある高千穂神社の夜神楽とパワースポットを紹介します。

ちなみに高千穂の観光スポットとしては、大きく分けると3エリアになります。

◆高千穂バスセンター周辺
・交通の起点となる高千穂町の中心街です。

◆高千穂神社周辺
・高千穂観光メインの高千穂神社と高千穂峡があるエリアです。

◆天岩戸神社周辺
・高千穂バスセンターから天岩戸神社までは約7kmあります。

高千穂神社の歴史って?

高千穂神社は、11代垂仁天皇の御世の創建と伝えられています。御祭神は「ニニギノミコト」をはじめ、皇祖の神々を祀り、高千穂18郷88社の総社として特に農産業・厄払い・縁結びの神として広く信仰を集めています。

高千穂神社の拝殿には、国指定重要文化財「鉄造狛犬一対」があります。境内には、垂仁天皇の命により伊勢神宮と高千穂神社に設置された石の「鎮石(しずめいし)」や「源頼朝」の代参「畠山重忠」の手植えの樹齢800年の秩父杉や二本の杉の幹が一つになった「夫婦杉(めおとすぎ)」がそびえています。ちなみに高千穂神社の例祭日は4月16日です。

高千穂神社の夜神楽の時間と内容、料金って?

高千穂神社では、観光神楽として毎日境内の神楽殿において高千穂神楽を奉納しています。

◆時間:20:00~21:00

◆内容
・手力雄の舞
・鈿女の舞
・戸取の舞
・御神躰の舞

◆料金
・個人:1人700円
・団体:1人600円(20人以上)
※小学生まで無料

◆お問い合わせ:0982-73-1213(高千穂町観光協会)

高千穂の夜神楽って?

◆神楽って?
神楽とは、神を迎えて行われる鎮魂の神事です。宮廷で行われるものを「御神楽(みかぐら)」、民間で行われるものを「里神楽(さとかぐら)」とし、日本の伝統芸能の原点とも考えられています。数え方によっては異なりますが、現在は1000を超える地域で、それぞれの神楽が継承されています。ちなみに、高千穂の夜神楽は、昭和53年(1978年)に国の重要無形民俗文化財に指定されました。

◆高千穂の夜神楽って?
高千穂の夜神楽は、天照大神(あまてらすおおみかみ)の岩戸隠れの際に、その前で踊った天鈿女尊(あめのうずめのみこと)の舞いが起源といわれています。その発祥は不詳ですが、平安末期と推定され、秋の収穫に対する感謝と翌年の豊穣を願って行われる神事として、毎年11月下旬から翌2月上旬に開催されます。

各集落の神社から氏神様を神楽宿に迎え、全33番までの演目を奉納します。ちなみに神楽宿とは、その年の氏神様を迎え入れる当番の民家のことです。基本的に戸を開け放った状態で行うので防寒対策は必要です。現在は、集落によっては公民館などの公共施設で行う集落もあります。

夜神楽を奉納する「神楽宿」や開始時間は、各集落により異なりますので事前確認が必要です。

◆お問い合わせ:0982-73-1212(高千穂町企画観光課)

高千穂神社のパワースポットとご利益は?

◆パワースポット

高千穂神社は、創建が1900年前と伝わる古社です。高千穂郷八十八社の総社として信仰を集め、縁結びの神様としても知られています。老木に囲まれた神域に、本殿・拝殿・神楽殿が立ち並び、厳かな雰囲気が伝わってきます。

本殿にほどこされた彫刻や夫婦杉、祈ると悩みが鎮められるという鎮め石などは必見です。
また、社殿の左横には、根元がつながった2本の巨大杉があります。この杉の周りを好きな人と手をつないで3回周ると家内安全で子孫繁栄という評判です。

・参拝:随時
・場所:宮崎県高千穂町三田井1037
・アクセス:高千穂バスセンターから車で5分
・駐車場:有り(無料)
・お問い合わせ:0982-72-2413(高千穂神社)

◆ご利益:縁結び・夫婦円満・所願成就

高千穂神社の御祭神は?

・瓊々杵命(ににぎのみこと)
・木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)
・日子穂穂出見命(ひこほほでみのみこと)
・豊玉姫命(とよたまひめのみこと)
・鵜鵝草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)
・玉依姫命(たまよりひめのみこと)
以上六神を高千穂皇神

・三毛入野命(みけいりのみこと)
・鵜目姫命(うのめひめのみこと)とその御子神
・太郎命
・二郎命
・三郎命
・畝見命
・照野命
・大戸命
・霊社命
・浅良部命
以上十神を十社大明神

高千穂神社へのアクセスと駐車場は?

高千穂へのアクセスですが、宮崎市中心部から高千穂までは距離があるので時間に余裕もった早めの行動をオススメします。飛行機利用で宮崎観光に来られた場合は、高千穂観光後は、熊本空港利用が便利です。ちなみに現地では、レンタサイクル(電動アシスト付自転車)やレンタカーの貸し出しを行っています。

宮崎市中心部から車で移動の場合は、所要時間は移動(高速道路利用含む)に約2時間~3時間かかります。

◆アクセス

【車】
・東九州自動車道宮崎西IC⇒(約100km)北方延岡道路蔵田交差点出口⇒(約30km)高千穂バスセンター⇒高千穂神社(約5分)

【電車・バス】

・JR宮崎駅⇒(特急で約1時間)JR延岡駅⇒(1時間~1.5時間)高千穂バスセンターー⇒高千穂神社(約5分)

◆レンタサイクル、レンタカー

高千穂バスセンター前に、「高千穂町観光協会まちなか案内所」があります。ここでは、レンタサイクル(電動アシスト付自転車)やレンタカーの貸し出しを行っています。

・営業時間:8:30~17:30
・予約:電話、インターネットで要予約
・電話:0982-72-3031
・料金
・レンタサイクル:1時間300円、1日(5時間以上)1500円
・レンタカー:3時間4644円~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする