宮崎駅前標識
高千穂のパワースポット巡りや高千穂夜神楽見学、高千穂峡観光にどうぞ
↓↓↓

高千穂特集


宮崎の夏の涼しい観光スポットを紹介します。 ↓↓↓

宮崎観光夏のおすすめモデルコースは?涼しい観光スポットは?

宮崎駅西口を出ると道路標識があります。サンメッセ日南と鵜戸神宮への宮崎駅からのアクセス、所要時間、バス時刻表はコチラの記事も参考にしてください。↓↓↓

サンメッセ日南と鵜戸神宮へのアクセス

宮崎県日南市飫肥の春の泰平踊定期公演の会場、場所、日程、時間は?アクセス、駐車場は?

スポンサーリンク

宮崎県日南市飫肥地区は、江戸時代には飫肥藩伊藤家5万1千石の城下町として栄え、今も武家屋敷が立ち並び国の重要伝統建造群保存地区(伝建地区)に選定されています。九州の小京都とも呼ばれています。その歴史の風情ある町並みを舞台に秋の飫肥城下まつりでは歴史絵巻が展開され、飫肥地区に伝わる泰平踊りが披露されます。

日南市飫肥(おび)地区に伝わる泰平踊とは?

泰平踊は、日南市飫肥(おび)に元禄の初めから伝わる郷土舞踊です。5万1千石の城下町ここ「飫肥」では、元禄のはじめ頃より、盆踊りが盛んに行われてきました。

宝永4年、1707年に当時の飫肥藩より武家にも踊ることが許され、「泰平踊」として、侍と町人が一緒に踊るという、他藩にはまれな催しが続いていました。

この踊りには、二流あり、姿勢の高低によって泰平の世の象徴である鶴亀を型どっていると云われています。

高い姿勢(鶴)で舞うのが日南市泰平踊今町保存会、低い姿勢(亀)で舞うのが日南市泰平踊本町組保存会です。

どちらも、深編み笠に着流し姿の侍と、鉢巻きに丈の短い着物の奴(やっこ)が登場し、

太鼓や三味線の演奏に合わせて、武芸十八般を型どり、優雅に踊ります。

2648

春の泰平踊定期公演の日程、期間、時間、場所は?

◆日時:平成28年3月20日(日) 春分の日

◆時間:1回目:13:30~ 2回目:14:15~

◆会場:飫肥城大手門前
※雨天時は、国際交流センター小村記念館での公演となります。

◆住所:宮崎県日南市飫肥10-1-1

◆お問い合わせ:0987-31-1134(日南市観光協会内)

春の泰平踊定期公演会場へのアクセス、駐車場は?

◆アクセス
・JR:JR飫肥駅から徒歩15分、車で5分
・車 :宮崎自動車道 田野IC から約50分

◆駐車場:有り(150台/飫肥城観光駐車場:無料)