生駒高原のナイトコスモス情報
↓ ↓ ↓
生駒高原コスモスまつりの見ごろ開花状況情報とナイトコスモス

宮崎駅前標識

高千穂のパワースポット巡りや高千穂夜神楽見学、高千穂峡観光にどうぞ
↓↓↓

高千穂特集

宮崎駅西口を出ると道路標識があります。サンメッセ日南と鵜戸神宮への宮崎駅からのアクセス、所要時間、バス時刻表はコチラの記事も参考にしてください。↓↓↓

サンメッセ日南と鵜戸神宮へのアクセス

宮崎県観光アクセスマップと飛行機、フェリー、高速バス、JR、車はどれが便利?

スポンサーリンク

宮崎県観光への交通手段として、飛行機やフェリー、高速バス、JR、車などについて紹介します。宮崎県は南北縦に長い県で、北は大分県、西は熊本県、南は鹿児島県と接しています。そのため宮崎観光名所の高千穂へのアクセスの場合は、宮崎空港からよりも熊本空港からのアクセスが便利です。また、東は太平洋の日向灘です。車を運転して陸路経由ではるばると宮崎入りするよりもカーフェリー利用もおすすめです。飛行機利用の宮崎空路経由の場合は、空港周辺のレンタカー利用が便利です。

宮崎観光アクセスマップと交通アクセスは?

【飛行機で】

首都圏、名古屋、大阪といった遠方からのアクセスは、飛行機が早くて便利です。宮崎と東京を結ぶ「ソラシドエア(SNA)」は、宮崎市に本社がある航空会社です。お得な格安運賃の航空券なども利用できます。

宮崎への航空便は、東京(羽田)、大阪(伊丹)、福岡からの便が多いですが、お隣の県の鹿児島空港や熊本空港は比較的宮崎に近いので、宮崎観光の目的地によっては、鹿児島空港や熊本空港を利用するほうが便利です。

例えば、目的が「高千穂町」観光であれば、熊本空港が便利です。

宮崎空港からは、空港ターミナルと直結しているJR宮崎空港線を利用すると宮崎市中心部、県北の延岡方面には便利です。

また、宮崎空港から宮崎市中心部、都城市、西都市、小林市、日南市方面へのバス便もあります。

【フェリーで】

神戸~宮崎間には、フェリーが運航されていて、車の利用者には便利です。神戸港夕方発の宮崎カーフェリーが毎日運航されていて、宮崎港には翌朝8時40分に着きます。

宮崎駅の東側に位置する宮崎港フェリーターミナルは、宮崎ICとも近いので便利です。

【高速バスで】

本州から宮崎県への直接の路線はありませんが、九州各地から宮崎県への高速バス網は充実しています。料金の安さも魅力で、往復割引や回数券もあります。特に、福岡・宮崎間は、宮交バスや西鉄バス、JRバスなどが共同運営していて便数も多く便利です。

【新幹線やJR線で】

九州新幹線を利用する場合は、熊本県の新八代駅から高速バス「B&Sみやざき号」へ乗り継ぐのが便利です。全便予約制でお得な2枚切符もあります。

JR日豊本線の特急も利用できますが、小倉で新幹線から乗り継ぐ場合は、大分で再度乗り継ぎとなります。博多駅・宮崎駅間の特急「にちりんシーガイア」もありますが、所要時間が約5時間30分となります。

【車で】

九州各県から宮崎県へのルートは、九州自動車道「えびのJCT」から宮崎自動車道へ入るのが一般的です。北九州・大分からの東九州自動車道も全通し、県北からも便利となっています。

宮崎県観光の移動手段は?

宮崎県内のおすすめ観光コースの移動方法は、車、バス、JRのどれかになります。公共機関利用のJRかバスでの移動であれば、「願いが叶うクルスの海」や「サンメッセン日南」「飫肥城下町」などの日豊本線や日南線の沿線の観光コースはJRとバスの利用も便利です。しかし、西都市や綾町などの宮崎市郊外や小林市、えびの市、高千穂町方面はバスでの移動になります。

【宮崎県内のJRは?】

JRの日豊本線がメインルートです。宮崎駅から延岡方面や都城、霧島神宮方面へは、1時間から2時間間隔で特急が運行されています。そして、県北の延岡方面への特急のほとんどは、宮崎空港駅や南宮崎駅始発となっています。

日南線には、土曜・日曜・祝日・休日などに観光特急「海幸山幸」が運行されていて人気があります。

【宮崎県内のバスは?】

宮崎市の郊外の西都市や綾町、そして日南市、都城市方面などへは、宮崎駅・宮交シティ・宮崎空港からバスが運行されています。

神話の里「高千穂町」、九州の秘境で平家落人伝説の「椎葉村」へは、延岡駅・日向市駅からバスが運行されています。

宮崎県内のバスは、ほとんどが宮崎交通が運行しています。観光コースによっては、バスの便数が少ないエリアもあります。

宮崎県観光のオススメ移動手段は車?

最後に車での移動です。結論ですが、宮崎県内オススメの観光コースめぐりは、車での移動がオススメです。理由は、公共機関網の充実がエリアによって差が大きいことと、都会と違って車の渋滞がほとんどないことです。それと無料の駐車場が多いことも理由の一つです。

車で宮崎県内のおすすめ観光コースをめぐる場合の高速道路利用は、「宮崎自動車道」と「東九州自動車道」になります。

関西方面からの宮崎県入りは、宮崎カーフェリー利用が便利です。関東方面からの宮崎県入りは、飛行機を利用して、宮崎空港でレンタカー利用がオススメです。

【レンタカー利用時は?】

・借りるときは事前に予約しておくことをオススメします。また、宮崎空港までの送迎があるかの確認も必要です。

・出発前には、返却時のトラブル防止のために必ずレンタカー担当者からのレクチャーをしっかり受けましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする