宮崎駅前標識

高千穂のパワースポット巡りや高千穂夜神楽見学、高千穂峡観光にどうぞ
↓↓↓

高千穂特集

宮崎駅西口を出ると道路標識があります。サンメッセ日南と鵜戸神宮への宮崎駅からのアクセス、所要時間、バス時刻表はコチラの記事も参考にしてください。↓↓↓

サンメッセ日南と鵜戸神宮へのアクセス

2017世界ジュニアサーフィン選手権大会の会場、日程、日本代表選手は?アクセス、駐車場は?

スポンサーリンク

宮崎県日向市お倉ヶ浜海岸を会場に、国際サーフィン連盟(ISA)主催の2017世界ジュニアサーフィン選手権が日本で初めて開催されることが決定されました。この大会は、世界最大規模の国際ジュニア選手権で、世界ジュニアサーフィン選手権としては、国内およびアジア初の開催となります。また、本大会アンバサダーに宮崎県出身のオリンピック競泳メダリスト松田丈志氏が就任いたしました。

この2017世界ジュニアサーフィン選手権大会は、男女18歳以下、16歳以下のクラスで実施され、昨年、ポルトガルで開催された同大会には、39ヶ国から371人の選手が出場し、日本代表チームは国別4位という成績を収めています。

2017世界ジュニアサーフィン選手権大会の日程は?

◆大会名称:2017 VISSLA ISA 世界ジュニアサーフィン選手権
※(英字):2017 VISSLA ISA WORLD JUNIOR SURFING CHAMPIONSHIP

◆開催期間:2017年9月23日(土)~10月1日(日)

◆開催場所:日向市お倉ヶ浜海岸(日向市平岩12298番地6)

◆参加国数:約50ヶ国600人以上(予定)

◆参加選手:18歳以下男子(各国4名以内)、18歳以下女子(各国2名以内)

◆16歳以下男子(各国4名以内)、16歳以下女子(各国2名以内)※各国最大12名

◆お問い合せ:0982-52-2111(日向市観光振興課)

2017世界ジュニアサーフィン選手権大会の日本代表選手12名は?

日本代表選手として以下の通り、12名が決定いたしました。

【U18ボーイズクラス】

◆大音凛太(東京都出身。2000年8月2日生)
◆小笠原由織(神奈川県出身。2000年5月8日生)
◆西優司(大阪府出身。2000年6月13日生)
◆三輪紘也(静岡県出身。1999年2月24日生)

【U16ボーイズクラス】

◆伊東李安琉(宮崎県出身。2002年8月18日生)
◆上山キアヌ久里朱(大阪府出身。2001年1月6日生)
◆安室丈(徳島県出身。2001年2月20日生)
◆鈴木仁(神奈川県出身。2001年3月7日生)

【U18ガールズクラス】

◆加藤里菜(大阪府出身。2000年10月28日生)
◆川合美乃里(徳島県出身。2000年12月14日生)

【U16ガールズクラス】

◆中塩佳那(宮城県出身。2004年1月29日生)
◆野中美波(埼玉県出身。2001年8月22日生)

2017世界ジュニアサーフィン選手権大会アンバサダーの松田丈志氏プロフィールは?

◆松田丈志(まつだ・たけし)氏プロフィール

宮崎県延岡市出身で、セガサミーに所属し、趣味はサーフィンです。4歳から水泳を始め、2004年アテネオリンピックに出場(400m自由形)しています。また、2008年の北京オリンピック200mバタフライでは銅メダルを獲得しています。同年、宮崎県民栄誉賞と延岡市民栄誉賞受賞しました。

2012年3度目となるロンドンオリンピックでは、競泳チームキャプテンとして出場し、200mバタフライでは銅メダルを、400mメドレーリレーでは日本競泳史上初となる銀メダルを獲得しています。

2016年4度目となるリオデジャネイロオリンピックでは、800mフリーリレーにアンカーとして出場し、52年振りの銅メダルを獲得しています。同年9月、現役を引退し、現在はJOCやJADAのアスリート委員を務めるなど、スポーツの普及活動を中心に幅広く活動しています。

世界ジュニアサーフィン選手権大会会場のお倉ヶ浜海岸へアクセス、駐車場は?

お倉ヶ浜海岸は、「日本の渚・百選」に選定された延長4kmに及ぶ白砂青松の砂浜です。そして、サーフスポットとしても名高い海水浴場で、東京オリンピックサーフィン競技の招致を目指しています。

お倉ヶ浜海岸は、年間を通じて多種多様で豊富な波が提供されるため、ハイクラスのサーフィンが可能な海岸です。前後約150メートルから230メートルもある奥行きの広い砂浜が南北4キロにわたって続き、各種サーフィン大会を実施するために必要な観客席やジャッジスペースが十分に確保可能です。海岸が広いため、余裕のあるサーフィンを楽しむことができます。

お倉ヶ浜海岸には、日向市営のビーチハウス「マリンウエーブ」が整備されており、ロッカー室、トイレ、温水シャワー6基を含むシャワーが合計24基用意されています。

◆アクセス

・日向市駅から高鍋行きバス15分、宮ノ上下車徒歩4分
・東九州自動車道日向ICから車で約5分
・JR日豊線日向市駅からも車で約15分

◆駐車場:有り(365台)

◆お問い合せ:0982-52-2111(日向市観光振興課)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする