椎葉村紅葉おすすめスポットの上椎葉ダムの観光放流はいつ?アクセス、駐車場は?

スポンサーリンク

宮崎県椎葉村は、九州山地のほぼ中央に位置し、平家落人伝説が伝わる「日本三大秘境」のひとつです。椎葉村の魅力は何といっても四季折々に見せる自然の美しさや、里山で暮らす人々の営みは日本の原風景を五感で感じることができることです。特に秋は、紅葉狩りの紅葉スポットが椎葉村内には至る所にあります。中でも「上椎葉ダム」はおすすめです。そこで今回は、九州秘境の地「椎葉村」の紅葉スポットとして「上椎葉ダム」周辺を紹介します。

椎葉村の秋のおすすめ紅葉スポットの上椎葉ダムとは?

椎葉村の秋のおすすめは、「紅葉」です。紅葉狩りのおすすめスポットの1つに「上椎葉ダム」周辺があります。ちなみに、「上椎葉ダム」は、九州電力管理の発電用ダムです。1955(昭和30)年に建設され、日本で初めてできた100m級の大規模アーチ式ダムとして知られています。実寸は、高さ111m、長さ341m、総貯水量9,155万立方メートルと、ほかに類をみない規模を誇ります。

「上椎葉ダム」を建設した幾多の技術は、その後の日本の土木技術の発展に大きな影響を与えたといわれています。「上椎葉ダム」によって形成された人工湖は、「新平家物語」の著者・吉川英治によって「日向椎葉湖」と命名されました。
2016年、「上椎葉ダム」は、ダムアワードの「放流賞」を受賞し、ダムの愛好家からは「閣下」の愛称で親しまれています。

上椎葉ダムでの紅葉の時期の観光放流はいつ?時間は?

宮崎県椎葉村の「上椎葉(かみしいば)ダム」の秋の観光放流を紹介します。「上椎葉ダム」では、紅葉の記事に観光放流が行われます。ダムの周囲の山々が紅葉で美しい朱色に染まる秋。約100mの高さからダムの水が放流され、ダイナミックにしぶきをあげる様子は、文句なしの迫力満点です。当日はダム構内にて、「椎葉マルシェ」の開催もあります。そして、ダムグッズの販売も予定しています。

◆期日:2019年11月16日(土)

◆時間:13:30~14:40(点検放流10:00~12:00)

◆お問い合わせ
・0982-67-3139(椎葉村観光協会)
・0982-55-2431(九州電力㈱宮崎支社技術部日向土木保修所)

上椎葉ダムが1時間10分で放流する水量は、96,000立方メートルです。この放流量は、競技用の50mプール約40杯分に相当します。この放流を発電に使用した場合、約35,000kWhの電気を作ることができます。これは、一般家庭約12,000戸が1時間使用する電気量に相当するのだそうです。

今回の観光放流は、約100mの高さからの豪快な水しぶきを見ることができる貴重な機会です。「日本三大秘境」と歴史ある大規模アーチ式ダムのコラボレーションは、紅葉シーズンの素晴らしい景色を見られる貴重な機会となること間違いなしです。

※一般のかたのドローン撮影は禁止となっています。

上椎葉ダムへのアクセス、行き方、駐車場、シャトルバスは?

◆会場:上椎葉ダム堤体

◆アクセス:自動車(タクシー、レンタカーなど)利用
・旧高千穂鉄道高千穂駅より国道218号、国道265号を経由し、自動車で所要約1時間15分
・椎葉村役場からは、自動車で所要約10分です。

◆駐車場:総合体育館、椎葉中学校(利用時間は17:00まで)

◆シャトルバス運行:有り(駐車場~会場のダム堤体まで)

(一般社団法人椎葉村観光協会HPより)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする