宮崎駅前標識

高千穂のパワースポット巡りや高千穂夜神楽見学、高千穂峡観光にどうぞ
↓↓↓

高千穂特集

宮崎駅西口を出ると道路標識があります。サンメッセ日南と鵜戸神宮への宮崎駅からのアクセス、所要時間、バス時刻表はコチラの記事も参考にしてください。↓↓↓

サンメッセ日南と鵜戸神宮へのアクセス

宮崎県の西都原コスモスの見頃の時期は?古墳まつりは?

スポンサーリンク

宮崎県の西都市は「西都原古墳群」として有名です。西都原古墳群はその学術的な価値で有名ですが、西都原古墳群のもう一つの顔は、コスモスです。しかも「古墳まつり」に合わせて開花するように管理されています。

11月第1土日はコスモスの花を観賞したり、「古墳まつり」のイベントを見学したり、古墳や考古博物館を見学したりと一日中楽しむことが出来ます。ちなみに、西都原のコスモスは植え付け時期が遅いため台風などに左右されない、高さは80cm程度と比較的低い、日中の気温が低いため比較的長期間(霜が降りるまで)綺麗な花を楽しめるなどの特徴があります。また、11月第1日曜日は男狭穂塚が年に一度だけ一般公開される日です。

◆コスモスの見頃 : 10月下旬~11月上旬

420

『西都古墳まつり』

西都原の台地に夜のとばりが降りる頃、都万神社では古代衣装を身に付け手に松明も持った700人の人々が紀記の道を通って御陵前広場までゆっくりとそして厳かに行列を行います。その後御陵墓前広場では「古事記」「日本書紀」の基となっている日向神話を題材に幻想的な舞「炎の祭典」が夜の更けるまで舞われます。昼間は国指定重要文化財の神楽・臼太鼓踊りをはじめとする西都市の伝統芸能も同時に奉納されます。

宮崎県西都市で開催される「西都古墳まつり」は、例年11月第一土曜日、日曜日に開催されます。そして、西都古墳まつりの2日間(11月4日(土)・5日(日))は、「西都バスセンター~病院前~稚児ヶ池~西都原」区間で臨時バスが運行されます。

催日:2017年11月4日(土)~11月5日(日)                                  

432
アクセス
九州自動車道西都ICから国道219号線を西米良方向へ北上西都原入り口まで約6km(10分程度)
宮崎方向から219号線運動公園入り口を左折又は西都市街地御船交差点を左折(交通標識有り)

◆駐車場:有り

西都原アクセス

西都市観光協会HPより)

◆お問い合わせ
西都市大字三宅4941番地1
西都原ガイダンスセンターこのはな館 電話0983-43-6230