花火大会一覧

門川納涼花火大会の日程と時間、会場へのアクセス、駐車場、交通規制は?

宮崎県北部の延岡市と日向市の間に位置する門川町で「第32回かどがわ納涼花火大会」が開催されます。海辺から打ち上げられる花火が夜空と海面を鮮やかに彩り、幻想的な光景を目にすることができます。海風の涼を感じながら夏の風物詩を満喫できます。夏休み最後の思い出作りや、カップルでの夏の思い出づくりにおすすめです。当日は、同日開催ということで「みなとフェスティバル」が開催されます。「魚のつかみどり」や「もちまき」などが行われます。

日向市の日向みなと・夢・みらい花火大会の日程、時間、穴場、会場アクセス、駐車場、シャトルバスは?

日向みなと・夢・みらい花火大会は、今年で第10回目を迎えます。2017年は、アジアで初開催となる「2017 VISSLA ISA世界ジュニアサーフィン選手権」にあわせて日向市を訪れる各国選手団や観戦客の皆さんへのおもてなしの心をこめて、日向市の秋空へ5,500発の花火が打ち上げられます。

都城市山田町の山田のかかし村まつり花火大会の日程、時間、アクセス、駐車場は?

都城市山田町といえば、日本一の高さを誇る8.8mのかかしのモニュメントです。このかかしのモニュメントが出迎える一堂ケ丘公園で、山田のかかし村まつり花火大会が開催されます。花火大会の会場となる一堂ケ丘公園は、霧島盆地を一望できる丘の上に広がっています。花火大会当日は、かかしを都城市内外から公募し、その出来ばえを競い合う「かかしフェスティバル」も同日開催され、そのあと3000発の花火が打ち上げられます。

都城市高城観音池まつり花火大会の会場、日程、打上時間、穴場スポット、交通規制、アクセス、駐車場は?

宮崎県都城市高城町石山にある観音池公園は、ゴーカートや観覧車、オートキャンプ場、温泉施設など遊びどころ満載のレジャーパークとして、宮崎県内の多くの人々に親しまれています。例年 、夏の風物詩として観音池公園で開催される観音池まつりでは、花火大会が人気あります。観音池まつりでは、観音池堤防の安全と五穀豊穣を祈願する伝統花相撲の奉納や、ステージイベントが 会場を盛り上げます。そして、夜の花火大会では、観音池を覆うように打上がる色とりどりの花火約3000発が、公園一帯を鮮やかに照らし、人々を魅了します。池からの風が心地良く、ひととき の夕涼みを満喫できますのでカップルでの浴衣デートにもオススメです。

北浦町のきたうら納涼花火大会の会場と打上時間、穴場スポット、交通規制、アクセス、駐車場は?

宮崎県北部の延岡市にある北浦町は、宮崎県内有数の利用数を誇るアウトドアスポットとして注目され、美しい自慢の白浜が広がる「下阿蘇ビーチ」は、環境省の快水浴場百選特選(九州No.1)に選定されました。北浦町の夏の風物詩といえば、きたうら納涼花火大会です。北浦町内外から多くの観覧者が集まります。古江漁港の真ん中から打ち上げられる大迫力の花火が魅力です。古江港の海上からスターマインなどの花火が打上げられ、花火が上がるたびに会場からは歓声が上がります。祭り会場である古江港では、出店やステージイベントなどが行われ、多くの人でにぎわいます。港を彩る幻想的で迫力満点の花火は夏休みの思い出になること間違いなしですのでカップルでの浴衣デートにもオススメです。

延岡市まつりのべおか花火大会の会場、有料席、日程、打上時間、穴場スポット、交通規制、アクセス、駐車場は?

宮崎県延岡市で開催される「まつりのべおか花火大会」では、今年は太鼓とのコラボが実現しました。太鼓のステージを、食べる・飲める花火ガーデン会場内に構え、夜空を彩る花火をバックに太鼓が力強く響き渡ります。また、ステージに仕掛けをすることで、太鼓演奏をさらに盛り上げます。見どころは、フィナーレに集中して揚がる花火の上空での彩りや爆音と、太鼓の響きとの意地のぶつかり合いです。大瀬川の夜空に色とりどりの大輪の花が咲き乱れ、川面に映る花火の美しさが観客を魅了しますのでカップルでの浴衣デートにもオススメです。

青島国際ビール祭りの会場、日程、花火大会、アクセス、駐車場と青島観光スポットは?

世界30ヵ国のビールが一堂に集まる「みやざき青島国際ビールまつり」が今年も開催されます。宮崎市こどものくにで開催される「みやざき青島国際ビールまつり」では、世界各国のビールを味わいながら花火も楽しむことができます。世界各国のビールを味わいながら、ゆっくりと光の芸術を観賞できます。日中友好のステージイベントや、キャラクターショーなど、イベントも多数開催されますのでカップルでの浴衣デートにもオススメです。

西米良村のやまびこ花火大会の会場、日程、打上時間、穴場スポット、交通規制、アクセス、駐車場は?

やまびこ花火大会は、四方を濃い緑に包まれた、宮崎県西米良村で開催される花火大会です。やまびこ花火大会は、1発の爆音が山々に反射して、文字通りやまびことなり、2発3発と渓谷に響きわたるところから名づけられました。山に囲まれた場所での花火大会とあって、その炸裂音の大きさは格別です。この迫力を求めて多くのファンが遠方から駆けつけます。打上げは、一ツ瀬川の河原で、昼間はキラキラと光る川も、夜になると真っ暗で、そこに打上げられる花火はくっきりと鮮やかで、生命力さえ感じさせる美しさです。西米良ならではの、かりこぼうず花火やレクチャー花火、地元中学生がデザインした花火に、フィナーレを飾るナイアガラは、川沿い一円に広がり、その美しさに感動しますのでカップルでの浴衣デートにもオススメです。

油津港まつり花火大会のシャトルバス、打上時間、穴場スポット、交通規制、アクセス、駐車場は?

油津港まつり花火大会は、日南市の夏を代表する夏祭りです。油津港まつりでは、花火大会をメインに油津港で2日間にわたり盛大に開催されます。油津港まつりでは、飫肥杉(弁甲村)を使用した弁甲競漕大会や、海上自衛隊艦艇による体験航海、チョロ船の乗船体験など、海にちなんださまざまなイベントが盛りだくさんです。