門川町中山神社大祭の裸参り巡幸コースと時間は?ご利益は?

門川町尾末にある中山神社は、天安元年(西暦857年)文徳天皇の時代に出雲大社から分霊を迎えた社で、縁結び・商売繁盛などに御利益があります。この中山神社大祭では、年男がふんどし姿で参拝する裸参りが有名です。また、地元の門川神楽も行われます。ちなみに、雨天時でも裸参りは行われます。中山神社大祭当日は、早朝から参道にたくさんの露天が立ち並び、特に植木市は人気があります。