宮崎駅前標識
高千穂のパワースポット巡りや高千穂夜神楽見学、高千穂峡観光にどうぞ
↓↓↓

高千穂特集


宮崎県の秋のおすすめ歴史観光スポットは? ↓↓↓

九州秘境の椎葉村平家まつり

宮崎駅西口を出ると道路標識があります。サンメッセ日南と鵜戸神宮への宮崎駅からのアクセス、所要時間、バス時刻表はコチラの記事も参考にしてください。↓↓↓

サンメッセ日南と鵜戸神宮へのアクセス

平尾昌晃行きつけの宮崎レタス巻き発祥の一平寿しの場所、営業時間、アクセスは?

スポンサーリンク

一平寿しのレタス巻きは、初代店主の村岡正二と、その友人である平尾昌晃氏(歌手・作曲家)とのふとした会話から生まれました。

宮崎で生まれ、宮崎のお客様に育てられた「レタス巻き」は、今では宮崎の郷土料理として広く知られるようになりました。

宮崎で生まれた宮崎発祥レタスのレタス巻きって?

さて、宮崎県発祥のレタス巻きは、基本型は巻き寿司で、中の具がレタスとエビとマヨネーズです。三位一体となったこれらの具が、何ともいえない味を醸し出します。

レタスとエビのシャキシャキ感とプリプリ感が美味しさを引き立てるっていう感じです。エビがカニカマボコやシーチキンになるものもあります。和洋折衷の組合わせが絶妙の料理です。

今や全国で幅広い層に人気のある味ですが、ぜひ本場の宮崎県で味わってください。

平尾昌晃行きつけの一平寿しって?

一平のレタス巻きは、初代店主・村岡正二と、その友人である平尾昌晃氏(歌手・作曲家)とのふとした会話から生まれました。

一平寿しがまだ創業間もない頃、二人での新しいメニューの開発は試行錯誤の連続で、様々な食材の組み合わせのアイデアを試しては味見をする日々でした。

握りにするか巻きにするか、海鮮と野菜の意外なマッチングや組み合わせの妙、もちろん味が最優先で、美味しくなければ食べてもらえない・・・。

そんな艱難辛苦の末、レタスと大海老を有明産の海苔で太巻きに仕立て、オリジナルのマヨネーズソースで味を調えた「レタス巻き」がついに完成しました。

今やスーパーマーケットやコンビニエンスストアの総菜売り場に並んでいる「サラダ巻き」や、海外の寿司店ごとに独自の進化を遂げている創作料理の「ロール寿司」の原点がここにあります。

平尾昌晃行きつけの一平寿の場所と営業時間、アクセスと駐車場は?

◆場所:宮崎県宮崎市松山1-8-8

◆営業時間:11:00~22:00

◆定休日:火曜日

◆アクセス

・公共機関:松山1丁目バス停より徒歩1分

・車:宮崎自動車道宮崎ICから国道220号線を宮崎方面へ20分

◆駐車場:有り(無料/50台)

◆お問い合わせ:0985-25-2215

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする