生駒高原のナイトコスモス情報
↓ ↓ ↓
生駒高原コスモスまつりの見ごろ開花状況情報とナイトコスモス

宮崎駅前標識

高千穂のパワースポット巡りや高千穂夜神楽見学、高千穂峡観光にどうぞ
↓↓↓

高千穂特集

宮崎駅西口を出ると道路標識があります。サンメッセ日南と鵜戸神宮への宮崎駅からのアクセス、所要時間、バス時刻表はコチラの記事も参考にしてください。↓↓↓

サンメッセ日南と鵜戸神宮へのアクセス

飫肥城下町観光と武家屋敷通散策グルメ食べ歩きランチスポットは?

スポンサーリンク

飫肥城(おびじょう)は、宮崎県日南市飫肥市街北部の丘陵に曲輪を幾つも並べた群郭式の平山城です。江戸時代には、伊東氏飫肥藩の藩庁として繁栄しました。九州の小京都としても人気があります。また、財団法人日本城郭協会により全国各地のお城探訪の手がかりとして「日本100名城」に選定されています。

また、飫肥城下町では、飫肥城下町保存会が、飫肥城の観光に来ていただく観光客に、飫肥城及び城下町のすべてを満喫していただくために「あゆみちゃんマップ」~飫肥城下町「食べあるき・町あるき」~という企画を準備して、飫肥城下町の観光客をお迎えしています。

日本100名城の飫肥城の歴史は?

飫肥城主は、代々「伊東家」が治め、明治を迎えました。明治まで飫肥城の主であった伊東氏は、足利尊氏に日向の地を与えられたことから飫肥との関わりがはじまりました。

戦国時代には、薩摩の島津氏と覇権を競って戦い敗れ、豊後の大友氏に亡命しました。この大友氏も島津氏と戦って敗れました。しかし、豊臣秀吉の九州征伐に参加して、再び飫肥を領有することになります。その後は江戸時代も変わらず飫肥5万1千石の藩主として伊東氏14代続きました。

現在の飫肥城には、松尾の丸に江戸時代初期の書院造りの御殿が再現されています。また、伊東氏に関する歴史資料を展示した「飫肥城歴史資料館」があります。

飫肥城周辺の歴史観光スポットは?

【豫章館】
伊東家の家臣伊東主水(もんど)(御三家)の屋敷だったこの地に、明治2年、飫肥第14代藩主伊東祐帰(すけより)が飫肥藩知事に任命されて城内より移り住みました。

・お問い合わせ:0987-25-4533(飫肥城下町保存会)
・時間:9時30分~16時30分
・休業:無休
・料金:200円
・駐車場:飫肥城観光駐車場利用(無料)
・由緒施設入館料付MAP利用可能(受付で呈示するだけです)

【振徳堂】
天保2年(1831年)に開校した飫肥藩の藩校です。高さ約2mの石垣に囲まれた広い屋敷に長屋門と母屋があります。明治の外交官「小村寿太郎」侯など優れた人材を輩出しました。

・住所:日南市飫肥10-2-1
・料金:無料
・時間:9:30~16:30
・休み:無休
・駐車場:飫肥観光駐車場利用(無料)
・お問い合わせ:0987-25-4533(飫肥城下町保存会)

【旧伊東伝左衛門家】
天保12年頃(1841)の城下絵図には伊東伝左衛門家とあり、近代武家屋敷としての様相を知ることができます。

【小村寿太郎生家】
日本を代表する明治の外交官小村寿太郎は、飫肥城下の町役人の長男として現在の生誕碑の場所で生まれました。その後、小村家が破産したため、明治時代後期に、生家は振徳堂裏に移築、さらに大正10年に現在地に移築されたものです。

・住所:日南市飫肥4-2-20-1
・料金:200円
・時間:9:00~17:00
・休み:無休
・駐車場:飫肥観光駐車場利用(無料)
・お問い合わせ:0987-25-1905(小村記念館)

【商家資料館】
商家資料館は、飫肥城下町の商人通として栄えた所にあります。江戸時代の山林王 山本五兵衛が立てたものを資料館に改修し、当時の商家及び商人達が使用していた道具を展示しています。

【高橋家住宅(旧高橋源次郎家)】
飫肥城から少し離れた本町商人通りに高橋家住宅(旧高橋源次郎家)があります。高橋源次郎は多額納税者だったことから貴族院議員を2期務めました。

飫肥城下町の名物・名産は?

【厚焼き卵】
殿様に献上したのが「厚焼きたまご」です。今でも祝い事にはかかせません。プリンのよう口当たりと上品な味わいは絶品です。

◆間瀬田厚焼本家(ませだあつやきほんけ)

間瀬田厚焼本家は、元禄2年(1689年)の創業以来、一子相伝による門外不出の厚焼きの製法を受け継ぎます。1パックが1,500円で、売り切れることがあるために、2日前までの予約がオススメです。

・住所:日南市飫肥7-1-50
・料金:1パック 1,500円
・時間:9:00~18:00
・休み:不定休
・アクセス:JR飫肥駅から徒歩約20分
・駐車場:有り(無料)
・お問い合わせ:0987-25-1057(間瀬田厚焼本家)

【飫肥天】
近海でとれた新鮮な魚のすり身に、豆腐や黒砂糖、味噌をまぜ合わせて作る「おびの天ぷら」は、ほんのり甘くてやさしい風味です。

◆元祖おび天本舗
・住所:日南市飫肥4-1-20
・時間:8:30~17:30
・休み:無休
・アクセス:JR飫肥駅から徒歩約20分
・駐車場:有り(無料)
・お問い合わせ:0987-25-2763(元祖おび天本舗)

【飫肥の手焼きせんべい】
やわらかな食感とほのかな甘さは、素朴な和風のウエハースを思わせます。

飫肥城下町観光おすすめのランチグルメスポットは?

【服部亭】

服部亭は、約100坪の庭園をもつ屋敷で、優雅な郷土グルメランチタイムにおすすめです。「おび天」や「厚焼卵」など全13皿が付く豪華な服部膳がオススメです。また、抹茶と和菓子セットなどの喫茶メニューもあります。

・住所:日南市飫肥4-3-19
・時間:11:00~14:00
・休み:不定休
・アクセス:JR飫肥駅から徒歩約20分
・駐車場:有り(無料)
・お問い合わせ:0987-25-3822(服部亭)

【ギャラリー&カフェ ギャラリーこだま】

築140年ほどの薬問屋の屋敷と蔵を生かしたつくりで、県内外の作家による作品の展示と販売を行っています。また、謁見の間であった畳間では、ランチやスイーツを楽しむことができます。

・住所:日南市飫肥8-1-1
・時間:10:00~17:00
・入場料金:無料
・休み:火曜
・アクセス:JR飫肥駅から徒歩約20分
・駐車場:有り(無料)
・お問い合わせ:0987-25-0602(ギャラリー&カフェ ギャラリーこだま)

飫肥城下町のイベントは?

【飫肥城下まつり】

日南市の秋の風物詩である「飫肥城下まつり」では、伊東藩5万1千石の城下町としての風情が今も残る九州の小京都「飫肥」を舞台に、2日間にわたって盛大に開催されます。飫肥城下祭りでは、のろしの合図で武者姿に扮した男女が2頭の馬に乗り大手門を駆け抜けることからスタートします。

飫肥城下祭りでは、郷土芸能や武者行列・ミスお姫様などメインのパレードが繰り出し、飫肥城下町を中心に盛大な時代絵巻が披露されます。元禄のころから伝わる泰平踊などもあり、秋の飫肥城下町はまつり一色となります。

◆参考:2017年10月14日(土)~10月15日(日)

飫肥城下町へのアクセス、駐車場は?

◆アクセス

【電車】
・JR飫肥駅から徒歩15分、車で5分

【車】
・JR宮崎駅から1時間30分
・宮崎空港より約1時間10分
・宮崎自動車道田野ICから約50分

◆駐車場:有り(無料)

【飫肥城観光駐車場車】

・時間:9:00~16:30
・お問い合わせ:0987-25-2763(飫肥城観光駐車場)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする